地球のために、暮らしのために。
 
サンワイターの設置で大切なのは、取り付け角度と方位です。年間を通して集熱量が最高になるのは、真南で取り付け角度が約30度で日当たりが良い場所です。
角度が少ないときや、方位が真南でない場合は湧き上がりが悪くなります。
  • 口及びシャワーとの落差
    蛇口とサンワイターの落差は、最低でも2〜3m必要です。これ以下だとお湯の出が悪くなります。
    シャワーとサンワイターとの落差は、最低でも3〜4m必要です。これ以下ダトシャワーの勢いが悪くなります。
    (SW1-21LDを除く)
  • 点検
    台風のシーズンには、常にタンクの中を水で一杯にし、地震のあとは、ステンレス線のゆるみ、はづれを点検してください。
     また、年に一度は忘れずに点検しましょう。
補助熱源仕様の場合
<押し出し給湯>
*貯湯タンク内を常に満水にして給湯する場合

給湯蛇口と冬期排水栓を閉じて、給水元栓を開いてください。
給水元栓を開いたままで、給湯蛇口を開いてください。
直接良くそうに落とし込みの場合
<ため出し給湯>
*貯湯タンク内の湯を使い切ってしまう場合

給湯蛇口と冬期排水栓を閉じて、給水元栓を開いてください。
給水元栓を開いたままで、給湯蛇口を開いてください。
自然循環タイプへ給湯加圧ポンプを組み合わせることにより直圧式給湯器への接続が可能です。(自動お湯張り機能付タイプには接続不可)但し条件によってはボイラ能力が100%出ない場合もあります。

  1. 太陽熱温水器の水面と蛇口との高低差が3m以上。
  2. 給湯加圧ポンプは給湯器の1次側に取り付け、給湯器側に逆止弁を組込むこと。
  3. 寒冷地の場合は給湯加圧ポンプの入口に安全弁を取り付け、安全弁は保温する。
  4. シングルバー一式水栓等の取り付けでウォーターハンマーを生じる恐れのある場合は給湯加圧ポンプの破損を防止する対策を講じてください。